フェリチンの測定を希望する患者さんへ

フェリチン測定の際の注意事項

藤川先生の著書を読み、フェリチン測定を希望して来院される患者様が増えています。 フェリチン測定を希望される方は一通り目を通して下さい。 また、当クリニックは内科であり、小児科・婦人科・心療内科ではないことも予めご了承下さい。

  1. 診察時間にご注意下さい。
    当クリニックは主に訪問診療を行うクリニックであり外来の時間は限られています。
    月・火・木・金の午前9時から午前11時30分までになります。

    説明など少し長めの診察を希望される方は11時30分ぎりぎりではなく少し早めに来院をお願い致します。
  2. 予約は不要ですが、遠方からみえる方は特に臨時の休診日に気を付けて下さい。
    お電話で確認して頂くと確実です。
  3. 内服薬がある場合はその情報を、また既に鉄剤やサプリメントを飲まれている場合も教えて下さい。
    既に内服されていても検査は致しますが、数値が変化して問題が分かりにくくなる場合があります。

  4. フェリチンは、貧血がない場合は自費になります
    (院内で、貧血の数値は数分で結果が出ます)。
    自費になった場合は他の検査項目や処方も自費となり高額になりますので、一般的には鉄関連項目(血清鉄、総鉄結合能、フェリチン)と尿素窒素のみ測定します。
    この場合は初診料と合わせ¥3000円+税に、再診料が1000円+税になります。

  5. アルコール消毒が合わない方、採血で気分が悪くなったことがある方は事前に教えて下さい。

  6. 原則として小学生以下のお子様の採血は行っておりません。
    小児の採血に不慣れなので申し訳ありません。

ページトップへ